お問合せ

畜産インテグレーションの伊藤忠飼料 | HOME >> お知らせ >> 2010年

お知らせ / 2010年




【2010年12月17日】

【2011年1〜3月期の配合飼料価格について】


当社は1〜3月期の配合飼料価格は、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2010年10〜12月期に対し、全国畜種平均トン当り 約3,570 円値上げすることを決定致しました。
尚、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、米国需給報告で期末在庫が6.2%と過去最低水準に下方修正されたことや、生育期を迎えた南米産地で高温乾燥型の天候が続き作況に懸念が出始めていることなどから、550セント/ブッシェルを越える水準で推移しています。今後も、低い在庫水準の中で中国やロシアが輸入を開始する懸念もあることから、堅調な相場展開が予想されます。

U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、大豆の米国期末在庫が予想外の低水準に下方修正されたことから、340ドル/ST超えまで高騰しました。今期の大豆粕価格は、前期対比で大幅に上昇する見通しです。

V.海上運賃
米国ガルフ〜日本のパナマックス型海上運賃は、相変わらず中国向けの石灰や鉄鉱石の輸入動向に左右されて堅調な動きが続いていましたが、現在は荷動き停滞感から軟調な展開となっており60ドル/トンを若干割れた水準で推移しています。

W.外国為替
外国為替は、米国の追加金融緩和観測により、10月には15年半ぶりとなる80円/ドル台まで円高ドル安が進みましたが、11月に入り米景気に楽観的な見方が台頭し米長期金利が上昇したことからドルは主要通貨に対して買われる展開となり、現在は83〜84円/ドル台で推移しています。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部(岩崎、政住)
TEL:03-5626-3231

2010年12月17日  伊藤忠飼料株式会社



【2010年9月17日】

【2010年10〜12月期の配合飼料供給価格について】


当社は10〜12月期の配合飼料供給価格ついて、以下の飼料原料・外国為替等の不透明な展開予想を踏まえ、2010年7〜9月期に対し、据置きにすることを決定致しました。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、米国産トウモロコシの過去最高の豊作見通しにより390セント/ブッシェルの水準で推移していましたが、直近の米国需給報告で、生産高が大幅に下方修正され、期末在庫が15年ぶりの低水準に下方修正されたことから、490セント/ブッシェル迄急騰しました。今後も、期末在庫の更なる下方修正が懸念されており、上値挑戦の相場展開が懸念されます。

U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、米国内の現物需給タイト感から290ドル/STを超えた水準で堅調に推移しています。今期の大豆粕価格は、円高の影響により前期対比で若干下がる見通しです。

V.海上運賃
米国ガルフ〜日本のパナマックス型海上運賃は、一時中国向け鉄鉱石の輸入量が減少したことから、60ドル/トン近くまで軟化しましたが、現在は、中国向けの鉄鉱石需要が回復基調にあることから70ドル/トンまで上昇しています。今後も、北米・南米産への穀物需要集中による船腹需給タイト化から堅調推移が予想されています。

W.外国為替
外国為替は、米景気減速に対する懸念や、欧州金融機関に対する不透明感から円がジリジリと買われる中、政府・日銀に円高対応の具体策が示されないことから15年ぶりの水準となる83円/ドルまで円高ドル安は進みましたが、政府・日銀が市場介入に踏み切ったことから、現在は85円/ドル台で推移しています。

融緩和の縮小が見送られたことから円は若干買い戻されて、98〜99円/ドル台で推移しております。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部(岩崎、政住)
TEL:03-5626-3231

2010年9月17日  伊藤忠飼料株式会社



【2010年6月18日】

【2010年7〜9月期の配合飼料供給価格について】


 当社は7〜9月期の配合飼料供給価格は、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2010年4〜6月期に対し、据置きにすることを決定致しました。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、中国による米国産トウモロコシの断続的な買い付けが確認されたことから380セント/ブッシェル超えまで上昇しましたが、現在は、米中西部の天候が理想的に推移して作況指数が高評価を保っていることから360セント/ブッシェル割れの水準で推移しています。今後は、本格的な天候相場に入ることから底堅い相場展開が予想されます。

U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、現物需給のタイト感から堅調な相場展開となっており280ドル/STを超えた水準で推移しています。今期の大豆粕価格は、堅調なシカゴ定期動向により前期対比で若干上がる見通しです。

V.海上運賃
米国ガルフ〜日本のパナマックス型海上運賃は、南米積み穀物需要やインドや中国向け石炭需要などの旺盛な需要に支えられ80ドル/トン超えまで上昇しましたが、現在は、期近積みの用船が落ち着いた状況にあることから70ドル/トン程度まで軟化を見せています。今後は、堅調な中国の鉄鉱石輸入により底堅い動きが予想されています。

W.外国為替
外国為替は、株式相場動向によるリスク許容度の見方に影響される方向感のない相場展開が続き91円/ドル付近で推移しています。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部(岩崎、政住)
TEL:03-5626-3231

2010年6月18日  伊藤忠飼料株式会社



【2010年3月19日】

【2010年4〜6月期の配合飼料供給価格について】


 当社は4〜6月期の配合飼料供給価格について、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2010年1〜3月期に対し、全国畜種平均トン当り 
約550円値下げすることを決定致しました。尚、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、米農務省の需給報告で生産高が過去最高に上方修正されたことや、良好な天候が続く南米産地で豊作が確実との見方が圧迫材料となり、370セント/ブッシェル中心で推移しています。今後は、米国の作付期の天候が意識される相場展開が予想されます。

U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、南米大豆の豊作見通しや、中国による米国産大豆キャンセルにより下降基調となりました。今期の大豆粕価格は、シカゴ定期の軟化により前期対比で下がる見通しです。

V.海上運賃
米国ガルフ〜日本のパナマックス型海上運賃は、ケープサイズのインデックス軟化により一時60ドル/トンまで下落しましたが、旧正明け中国の鉄鉱石や石炭需要が引き続き堅調なことや、南米や豪州での滞船増加等により再び70ドル/トンを越える水準まで上昇しています。今後も、南米穀物輸送増加等による船腹不足懸念から、堅調推移が予想されています。

W.外国為替
外国為替は、米公定歩合の0.25%引上げにより一時92円/ドル台迄ドルは買われましたが、FRB議長が米低金利政策の維持を示唆したことや、ギリシャ財政問題の緩和によるドル売りユーロ買いにドル円も影響され89円/ドル台迄ドルは売られました。現在は90円/ドル付近で推移しております。


[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部(岩崎、田畠)
TEL:03-5626-3231


2010年3月19日  伊藤忠飼料株式会社
topへ戻る