お問合せ

畜産インテグレーションの伊藤忠飼料 | HOME >>お知らせ >>2008年

お知らせ / 2008年




【2008年12月19日】

【2009年1〜3月期の配合飼料供給価格について】


当社は2009年1〜3月期の配合飼料供給価格について、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2008年10〜12月期に対し、全国畜種平均トン当り約11,860円値下げすることを決定致しました。
尚、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、米国金融不安に起因した世界的な景気後退に伴う需要減退見通しや、原油価格の大幅下落の影響を受けて、現在は400セント/ブッシェル割れまで軟化しております。
今後も、米国国内需要及び輸出需要が落ち込んでいることや、景気回復見通しが不透明であることから軟調に推移することが見込まれます。



U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、大豆の作況改善、米国の景況悪化、原油相場の軟調な展開に影響を受けて、現在260ドル/ショートトン中心で推移しております。1-3月期の大豆粕価格は、シカゴ定期の下値推移や円高の影響を受け、10-12月期に比べ大幅に下落する見通しです。



V.海上運賃
海上運賃は、世界規模での景気悪化に伴う船腹需要の減退や、原油価格の下落に歩調をあわせ軟化しており、現在は40ドル/トン中心で推移しております。今後も世界景況は不透明であり、荷動き量の回復遅れが懸念される事から軟調に推移することが見込まれます。



W.外国為替
外国為替は、10月中旬迄100円/ドルを上回る水準で推移していましたが、その後、米国雇用統計による失業率の大幅悪化や、米自動車大手三社の経営難報道等を受けてドル売りが進み、現在90円/ドル内外で推移しております。今後も不安定な世界経済情勢のもと乱高下を見せうる状況下にあります。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部 (三枝、政住)
TEL:03-5626-3231

2008年12月19日  伊藤忠飼料株式会社



【2008年9月19日】

【2008年10〜12月期の配合飼料供給価格について】


当社は2008年10〜12月期の配合飼料供給価格について、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2008年7〜9月期に対し、全国畜種平均トン当り約3,150円値上げすることを決定致しました。
尚、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、中西部を襲った洪水被害懸念や、生育遅れによる受粉障害懸念により7月には史上最高値更新となる762.75セント/ブッシェル(9月限)まで高騰しました。その後は、生育が順調に推移し作況が改善したことから下落に転じ、米国需給報告により生産量の増加が報告されたことから軟化しております。今後も引続き在庫率が低水準にあることから不透明な相場展開が予想されます。



U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、大豆の生育遅れが懸念され400ドル/ショートトンを越える水準で推移しておりましたが、その後の作況改善を受けて現在は350ドル/ショートトン付近で推移しております。10-12月期の大豆粕価格は、シカゴ定期の高値推移や円安の影響を受け、7-9月期に比べ上昇する見通しです。



V.海上運賃
海上運賃は、中国の旺盛な鉄鉱石輸入や南米における滞船等により、史上最高値となる150ドル/トン超えまで上昇しました。その後は、欧米の金融不安による景気後退、北京五輪終了後の中国の消費減退等により荷動き量が低下していることから、軟化を見せております。



W.外国為替
外国為替は、先物商品相場の下落による資源国通貨売り/ドル買いにドル円も影響され8月には110円台まで円売りドル買いが進みました。その後、米大手証券会社の経営破たんや買収などの米金融不安によりドルは売られる展開となりました。今後も不安定な展開が予想され、予断を許さない状況下にあります。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部 (三枝、政住)
TEL:03-5626-3231

2008年9月19日  伊藤忠飼料株式会社



【2008年6月20日】

【2008年7〜9月期の配合飼料供給価格について】


当社は2008年7〜9月期の配合飼料供給価格について、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2008年4〜6月期に対し、全国畜種平均トン当り約2,200円値上げすることを決定致しました。
尚、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、今年度の作付面積が前年比8%減少と報告されたことや、低温多雨型の天候が続き作付け遅延が懸念されたことから、4月初旬に初めて600セント/ブッシェルの大台を超えました。6月に入り中西部を襲った豪雨により、更なる作付面積減少と単収の低下が懸念され、史上最高値を更新となる700セント/ブッシェル超えの水準で推移しております。
今後も生育進度・作況の悪化が懸念されることから、高値圏での推移が見込まれます。



U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、大豆の作付面積増加等により330ドル/ショートトン程度で推移しておりましたが、原油価格の高騰や、アルゼンチンにおける輸出新税を巡る政情等の影響により400ドル/ショートトン超えまで高騰しております。7−9月期の大豆粕価格は、一時安値場面もあったことから、4−6月期に比べ若干下がる見通しです。



V.海上運賃
海上運賃は、$120/トン台で推移していましたが、中国の鉄鉱石輸入が史上最高水準であることや、南米の荷動き増による滞船、燃料価格の高騰により、$140/トン超えまで急騰しました。今後も、旺盛な船腹需要により高値での推移が予想されております。



W.外国為替
外国為替は、4月以降、104円中心に推移していましたが、米当局より、ドル安がインフレや市況商品高に繋がるとの懸念に、ドル安阻止の姿勢が示されたことからドルは買われて、108円内外の円安ドル高で進んでおります。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部 (三枝、政住)
TEL:03-5626-3231

2008年6月20日  伊藤忠飼料株式会社



【2008年5月30日】

【獣医師募集(中途、新卒)について】


獣医師の募集を行います。

対 象 : 1.獣医師
      2.2009年 獣医師免許取得見込み者

詳細は、下記より募集要項ページでご確認下さい。
●募集要項ページへ→



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
人事チーム(中山・稲葉)
TEL: 03-5626-3209

2008年5月30日  伊藤忠飼料株式会社



【2008年5月30日】

【2009年度総合職採用の締め切りについて】


2009年度総合職採用は、5月30日をもって終了致しました。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
人事チーム(中山・稲葉)
TEL: 03-5626-3209

2008年5月30日  伊藤忠飼料株式会社



【2008年3月21日】

【2008年4〜6月期の配合飼料供給価格について】


当社は2008年4〜6月期の配合飼料供給価格について、以下の飼料原料・外国為替情勢を踏まえ、2008年1〜3月期に対し、全国畜種平均トン当り約4,720円値上げすることを決定致しました。

尚、改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なります。



T.主原料市況
トウモロコシのシカゴ定期は、1月の米国需給報告で359百万Buもの大幅な期末在庫の下方修正を受けて、500セント/ブッシェルの大台を超えました。その後も、原油や金など他商品の高騰や、小麦や大豆の騰勢に連れ高となり、トウモロコシ5月限は570セント/ブッシェル超えの史上最高値を更新しております。

今後も、在庫率の減少が予想されていることから堅調に推移することが見込まれます。



U.蛋白原料市況
大豆粕のシカゴ定期は、旺盛な輸出需要により期末在庫が大幅に減少したことから、350ドル/ショートトンを超える水準での推移となりました。大豆粕価格は為替が円高に推移したものの、海上運賃の高値推移やシカゴ定期高により、1−3月期に比べ大幅に上昇しています。



V.海上運賃
海上運賃は、一時中国の船舶需要が減少したことから110ドル/トン割れまで軟化しましたが、中国旧正月明け以降は鋼鉄需要が増加し、再び上昇基調になっています。今後も、中国の旺盛な船舶需要と原油高により堅調に推移することが見込まれます。



W.外国為替
外国為替は、年明け以降107円を中心にした動きが続きましたが、その後、サブプライムローン問題による更なる米景気後退懸念と金融不安によりドル安は進み、現在100円/ドルを切る水準となっております。



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
飼料営業統轄部 (三枝、政住)
TEL:03-5626-3231

2008年3月21日  伊藤忠飼料株式会社



【2008年1月22日】

【エントリーシートのダウンロードを開始致しました】


2009年度総合職採用について
2008年1月よりエントリーシートのダウンロードを開始致しました。

●エントリーシートのダウンロードは、こちらから→



[お問合せ先]
伊藤忠飼料株式会社
人事チーム(中山・稲葉)
TEL: 03-5626-3209

2008年1月22日  伊藤忠飼料株式会社
topへ戻る