世界初!

豚体重推定システム

デジタル目勘

省力的な新しい出荷判定のカタチを実現

「養豚場の悩みは?」

  • 格落ちを防ぎたいから出荷時の豚の体重が知りたいけど
    体重測定が大変・・・
  • 110kg近い豚を1頭ずつ体重計に追い込むのもだけど、
    頭数が多くて測りきれない・・・
  • 体重測定は最低でも2人1組で人手がかかる上に、
    人が集まらない・・・

「養豚生産者のために」

伊藤忠飼料×NTTテクノクロス 伊藤忠飼料×NTTテクノクロス

「国内養豚業の課題をデジタルの力で解決できないか」

その思いから伊藤忠飼料とNTTテクノクロスは2017年4月から共同研究を開始。
2019年10月、世界で初めて豚体重推定システム「デジタル目勘」の開発に成功し、伊藤忠飼料の販売ルートで提供しています。

MOVIES

「3つの特徴」

デジタル目勘は専用の端末で豚を撮影すれば、その外観から体重を推定できる「非接触型」であり、人にも豚にも優しいのが特徴です。
端末は小型軽量であり、片手で持ち運び可能で、手軽にどこでも撮影が可能です。
「だれでも、どこでも、斉一的な結果を」
デジタル目勘は熟練者レベルの体重推定を実現します。

高精度 簡単操作 性能進化

1.高精度

推定誤差はわずか4.5%以内

実際の体重との誤差は4.5%以内と経験豊富な熟練者の目勘に匹敵する精度を実現しています。
独自開発の体重推定ロジックは豚の品種や系統に関係無く、また端末の「微調整機能」を使えば、自社農場に最適な設定を創ることも可能です。

  • 豚の抽出
  • 抽出した豚の特徴量とAI(機械学習)により構築した体重推定モデルを照合して算出。

  • 特徴量の抽出
  • 真上から見た豚の体形や体長、体幅などの特徴量や被写体との距離を取得、ノイズや変動要素を除去。

  • 体重を推定
  • 抽出した豚の特徴量とAI(機械学習)により構築した体重推定モデルを照合して算出。

撮影から表示まで2.8秒以内、誤差4.5%以内
画面の写真 画面の写真

NTTグループのAI技術「corevo®」※2の一つであるNTTテクノクロス独自の画像認識技術と計測ロジックで実現。(特許出願中)
※2:corevo®は日本電信電話株式会社の登録商標です。

画面の写真

2.簡単操作

小型軽量で長時間駆動

操作は全てタッチパネルで行い、起動後は画面に触れるだけで撮影可能なカンタン操作です。
約837g軽量設計で、力の弱い方でも持ち運び可能です。充電池1本で約2.5時間駆動します。

推定している画像1

3.性能進化

常にソフトウェアがアップデート

デジタル目勘は大量の豚3Dデータと体重データをAI(人工知能)に学習させています。
今後も利用者が増え、データが集まることで機能や精度の向上、利用者は無償でソフトウェアアップデートを受けることができます。

推定している画像2

「体重計より手軽に、
人の目よりも正確に」

体重計は計量器であり、確かに正確ですが、
手軽ではありません。
逆に人の目は手軽ですが、
誤差やバラツキが必ず発生します。

デジタル目勘は、
この中間に位置する「推定ツール」であり
体重計とは違って1人で手軽に持ち運べ、
誰でもいつでも何度でも
斉一的な結果が返ってくる新ジャンルの製品です。

体重計と人の目の中間に位置する「デジタル目勘」 体重計と人の目の中間に位置する「デジタル目勘」
全国27都道府県で採用実績あり 全国27都道府県で採用実績あり

導入効果

  • 選畜の効率化

     ペンの中に入って目当ての豚をサイズチェックすることが可能で、効率的な選畜が可能です。

  • 時間の短縮化

     体重計と比べて1人でも操作できるため、作業時間が少なくて済みます。

  • 作業の省力化

     体重計に豚を押し込む作業が不要になり、労力軽減を実現します。

  • 目勘の熟練化

     簡単に撮影できるため、繰り返し操作することで徐々に人間の目勘能力も向上します。

詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら PDF資料