種畜事業

事業内容

優れた品質は、優れた種畜から。
伊藤忠飼料では、SPF種豚・ダンブレッド種豚、肉用鶏種、採卵用鶏種など
種畜事業を幅広く手がけています。

種豚

img2

40年におよぶ豊富な経験と実績。種豚事業は伊藤忠飼料グループの中核です。

伊藤忠飼料では、1963年から種畜事業を展開し着実に成果をあげてきました。たとえば、豚特有の病原菌を持たないクリーンなSPF豚は、最先端の技術を導入して種豚を生産しなければなりません。
グループ会社のシムコでは、ヨーロッパとアメリカの種畜から改良を重ね、よく育ち繁殖力の旺盛な優れたSPF種豚を生産。全国のSPF豚農場に安定供給し、トップシェアを誇ります。

株式会社シムコ ホームページへ

種鶏/ブロイラー

img2

健康とおいしさを求めて。肉用鶏種「コッブ」の種鶏を全国の農場に供給しています。

グループ会社の松阪コッブファームでは、米国コッブバントレス社から肉用鶏種「コッブ」を輸入して、種鶏を生産しています。増体性、歩留など産肉性能に優れる「コッブ」は、お客様から高い評価をいただいています。

松阪コッブファーム株式会社 ホームページへ

種鶏/採卵用

img2

安心のひよこを全国へ。採卵鶏として優れた生産性と高い抗病性を兼ね備えています。

グループ会社のI・ひよこでは、種鶏を育て、それらが産んだ卵をあたためて、ひよこ(採卵鶏)を孵化させる事業を行っています。優れた生産性と高い抗病性を兼ね備え、「よく育ち、よく卵を産み、そして強い」安心のひよこを全国へお届けしています。

株式会社I・ひよこ ホームページへ